骨盤矯正 産後

MENU

産後の骨盤矯正に関してまとめてみました!

骨盤矯正って、色々な人が行おうとしていますが、一番骨盤矯正で気を付けなくてはいけない人は産後のお母さんです。産後、赤ちゃんを産んだ後というのは、骨盤がぐらぐらになっていますよね。確かにこのような産後は骨盤矯正を行わないと骨盤がゆがんだままになってしまうので骨盤矯正はとても大切です。

 

しかし、産後のお母さんが骨盤矯正をする時にはタイミングが大切なのです。ここでは、骨盤矯正について産後のお母さんが骨盤矯正をするタイミングはいつがいいのかご紹介いたします。

 

産後のお母さんの骨盤はどうなっている?

では、そもそも赤ちゃんを産んだ後の産後のお母さんの骨盤はどのようになっているのかご紹介します。産後、赤ちゃんを産んだ後の骨盤は、赤ちゃんの頭(10センチくらい)分が開いています。

 

また、この骨盤の開きについては、赤ちゃんを産む直前に開くのではなく、臨月になって赤ちゃんがもうすぐ生まれるという時から骨盤を開かせるホルモンが放出されて少しずつ開きだします。

 

実際に、赤ちゃんが下に降りれば降りるほど、骨盤は開きだし、ゆがみが生じやすくなります。

産後の骨盤矯正はいつから?

では、そんなグラグラな状態の産後の骨盤は、いつから骨盤矯正を開始するのがいいのでしょうか?実は、産後すぐには骨盤矯正はあまりおすすめしないのです。いつがおすすめなのかというと、産後一か月経ったくらいから骨盤矯正を開始するのが一番良いタイミングとされています。

 

どうして産後すぐに骨盤矯正をしてはいけないのかというと、産後一か月は子宮内に残っている悪露が出続けますので、出血が多かれ少なかれあります。この悪露については、自然と時間がたつにつれてなくなりますが、無理な圧力をかけて外へ排出させてしまうと、出産で疲れて体がボロボロのお母さんへのダメージは相当大きなものになってしまいます。

 

そのため、産後すぐに骨盤矯正をすることはあまり良いことではなく、悪露が落ち着いた一か月後くらいから産後の骨盤矯正をすることが望ましいのです。

いつまでに骨盤矯正を開始する?

産後一か月は骨盤矯正はNGでしたが、ではいつまでに骨盤矯正を行うのがいいのでしょうか?産後のお母さんの骨盤矯正については、大体産後6か月くらいまでに骨盤矯正をすることが大切です。

 

お母さんは赤ちゃんに母乳を飲まれると子宮が元の大きさに小さくなっていきますので、そのタイミングで骨盤もしっかりと元に戻してあげると、元の骨盤を手に入れることが出来ますよ。ただ、出産は人それぞれ違うものです。音の出血量や産後の肥立ちなど、軽い人もいれば重い人も当然います。そのため、もしも産後の骨盤矯正を始めていいのか不安な時には、医師に相談することをおすすめします。

産後の骨盤矯正についてのまとめ

産後の骨盤矯正については、出産をしてから一か月後から開始することが良いタイミングでした。しかし、もしも骨盤矯正に不安なことがある場合には、医師に相談してから開始するようにしましょう。