くびれ 作り方

MENU

くびれの作り方は難しいの?

くびれがキュッと引き締まっているとすごくスタイルが良く見えますよね!くびれの作り方って結構沢山ありますので、どの作り方で行えばいいのか分からないという人もいるのでしょうか?ここでは、くびれを作る方法にはどんな方法があるのか色々とご紹介してみたいと思います。“これなら自分でも出来そう!”というくびれの作り方を探してみてくださいね。

 

くびれの作り方は色々ある!

インターネットで一度でもくびれの作り方を検索したことがある人なら、そのくびれの作り方の多さにびっくりされるのではないでしょうか。それくらい、くびれの作り方は色々あります。その中でも、しっかりとくびれが作れる方法をご紹介いたします。

ひねりながらウォーキング

ただ、歩いているだけではあまりは出来ませんよね。しかし、ちょっと歩き方をくびれに意識して歩くだけで、くびれが出来やすくなるのです。一番良い方法としては、足を出す時にはくびれ部分から前へ出すように心がけることです。

フラフープ

子供も大好きなフラフープ。このフラフープをやり続けるとくびれが出来やすくなります。子供と一緒にどれだけ継続してまわせるか挑戦すると楽しくくびれを作ることが出来ますね。

筋トレ

やはり、効果の高い作り方には筋トレがあります。筋トレの中でも、「腹斜筋」という筋肉を使った方法がとてもくびれを作る上で効果が高いことが分かっています。例えば、再度クランチなどは結構くびれが出来ることでも有名ですよ。

加圧レギンスなどの着圧商品

自分で体を動かすだけではなく、普段身に着けているものでくびれを作ることも可能です。これなら使れないので誰でも出来ますよね。その中でもおすすめは加圧レギンスのラルフィンガードルです。どうしてこのラルフィンガードルをおすすめするのかというと、これは就寝中でも着用することが出来るので、夜の間にくびれを作ることも可能なのです。

ストレッチ

手を重ねた状態で両手を上げて足は肩幅に開きます。その状態のまま、腕を曲げずに右や左に動かしてみるとくびれに効果があります。

骨盤矯正

骨盤が歪んでいるとお腹周りに脂肪が付きやすくなってしまいます。下っ腹が出ている人は、骨盤の歪みが原因ということもよくあります。そのため、骨盤矯正をして骨盤の歪みを解消してあげると、下っ腹の脂肪もなくなりキレイなくびれを作ることが出来ます。

 

このようにくびれの作り方って、沢山の方法があることが分かります。どれでもいいので挑戦してみると数か月後にはくびれが出来ますよ!

 

くびれの作り方に関するまとめ

くびれの作り方については、とても沢山の方法があることが分かりました。では、例えばどんな方法があるのかというと、「ひねりながらウォーキング」「フラフープ」「筋トレ」「加圧レギンスなどの着圧商品」「ストレッチ」「骨盤矯正」がありました。

 

この中でも、一番簡単にくびれを作りたいという場合は、加圧レギンスのような着圧商品をおすすめします。