*

売り手と買い手について

土地売却しようとしてるなら土地の価格算出し売り出すことになり、その時にまだ家屋が住まいで勝ち残っていれば家付き土地で販売することができます。ですが、築30年以上経過してる家屋などは住まいとして資産価値ほとんどなくなっていて、土地だけの価格で売却になります。そして解体工事費用を売り手が持つか、買い手がもつかといったとことは売買の時交渉となりますが、一般に解体工事費用は100万~200万円程度になり、買い手が行うときでも土地価格から差し引いてもらいたいなど交渉となるのです。そして書いては解体工事購入してからするとなれば次の建築まで時間がかかって、事前に解体工事をして土地だけの状態で売却する方が買い手付きやすくなります。そして、土地活用は複数の方法がありますが、更地の状況なら大きなお金かけなくても複数の活用法が生まれるのです。いま空家をそのままにしてる方の多くの理由は固定資産税の減税適用されなくなるのが理由にあります。

水戸市の解体費用の単価坪は?優良業者の選び方



コメントする