下っ腹 痩せ方

MENU

下っ腹の痩せ方とは?

下っ腹の痩せ方って、どんなことを思いつきますか?多くの人が、下っ腹の痩せ方と言えば、腹筋を思い浮かべるのではないでしょうか?確かに、腹筋は下っ腹に筋肉を作りますのでしっかりと引き締めることが出来ますよね。

 

しかし、腹筋以外にも下っ腹の痩せ方は存在します。しかも、腹筋よりも簡単な痩せ方で下っ腹を引き締めることが出来るのです。出来ることなら簡単な痩せ方の方がいいですよね。ここでは、下っ腹の痩せ方に関することの中でも、簡単で効果のある痩せ方をご紹介いたします。

 

着圧レギンスを使ってみる

着圧レギンスとは、履いているだけで下半身を着圧してくれるので簡単に痩せることが出来ます。この着圧レギンスを履いた効果的な痩せ方としては、着圧レギンスを履いた状態のまま就寝出来るアイテムを選ぶことです。

 

たとえば、ラルフィンガードルという着圧レギンスは、着圧効果が高いことでも有名ですが、それ以外にも就寝中にも履くことが出来ますので、効果的に簡単に痩せることが出来ます。

歩き方を変える


エステで下っ腹を何とかしたいとお願いすると、お腹周りを手でひねってくれます。とこれと同じことを歩く時にも行うことをおすすめします。

 

普通に歩いているだけでは、下っ腹の脂肪は動きませんが、少し意識してお腹をちょっとひねりながら歩いていると、結構下っ腹に効果があるので早く下っ腹を引き締めることが出来るのです。

食事制限

いくら上記のようなことを試していても、接種カロリーが高すぎては脂肪が溜まる一方なので意味がありません。下っ腹に効果のある食事制限の痩せ方としては、一日の接種カロリーを1,800カロリーに抑えることが大切です。

 

つまり、お酒やジャンクフード、脂肪たっぷりのお肉を接種しているとすぐにカロリーオーバーになってしまいます。

 

これを改善する方法としては、出来るだけ和食中心の食事を心がけることが大切です。特に、和食と言っても野菜を中心とした食事にすると、とても効果が高まりますので是非実践してみえてくださいね。

 

以上の三点が下っ腹に効果のある痩せ方になります。下っ腹に効果がある痩せ方って、想像していたよりも簡単に出来ると思いませんか?一番最後の方法は少し気を付けることがありますが、体全体をきれいにすることにもつながりますのでおすすめですよ

下っ腹に効果のある痩せ方に関するまとめ

下っ腹に効果のある痩せ方については、上記の三つの方法が簡単な痩せ方でした。まず、着圧レギンスについては、出来るだけ就寝中にも履けるものをおすすめします。

 

そして、歩き方ではちょっとお腹をひねって歩くことがポイントでした。最後に食事制限についてはカロリーを一日1,800キロカロリーにすることた必要でした。1,800キロカロリーにするには、出来るだけ和食中心の食事にして、ジャンクフードなどの脂肪分をあまり接種しないことが大切でした。

 

以上のことを気を付ければ、下っ腹を効果的に簡単に痩せることが出来ます。