下っ腹 ぽっこり

MENU

下っ腹がぽっこりしているのはなぜ?

下っ腹がぽっこりしている人って、異様に下っ腹だけが出ているのでちょっと大丈夫かと思ってしまいますよね。この下っ腹がぽっこりとしている原因て一体何なのでしょうか?

 

下っ腹がぽっこりしていると服を着ていても見栄えしませんし、パンツのサイズも大きめのサイズを買わなくてはいけないので何だか損ですよね。ここでは、下っ腹を引き締める方法をご紹介するとともに下っ腹がぽっこりしている原因もご紹介いたします。

 

下っ腹がぽっこりしている原因

下っ腹がぽっこりしている原因は、色々な原因があります。それぞれ、どんなことが原因として挙げられるのか見ていきましょう。

ビールっ腹

ビールを飲み過ぎると下っ腹が結構ぽっこりと出てしまいます。これは何故かというと、まずはビールって脂っぽいおつまみとすごく相性がいですよね。そのため、ついつい脂肪が付きやすいものを食べ過ぎてしまうということが原因です。

 

また、ビールってすごくこうカロリーなのです。大体、ジョッキ一杯飲むとごはん茶碗いっぱいくらいの、訳200キロカロリーを接種することになります。最後に、ビールのアルコールが分解される時って、中性脂肪が増えることが分かっています。そのため、太りやすくなってしまうのですね。

姿勢の悪さ

姿勢が猫背になっている人脂肪がつくバランスも悪いので、下っ腹だけに異様に脂肪がついてしまい、お腹がぽっこりとしてしまうということがあるのです。

 

下っ腹のぽっこりを改善する方法

では、上記二点の下っ腹をぽっこりとさせることを改善する方法をご紹介いたします。まず、ビールが原因で下っ腹がぽっこりとしている場合には、おつまみを出来るだけカロリーの少ないものに変えることが大切です。

 

例えば、お肉系のおつまみだったら脂肪が少なめのささみにしてみるとか、野菜を多く使ったおつまみを食べることをおすすめします。

 

そして、姿勢が悪いことで下っ腹がぽっこりとしている場合には、骨盤から矯正することをおすすめします。いくら姿勢をただそうと背中を伸ばしていても、骨盤が歪んでいると姿勢がすぐに悪くなって下っ腹がぽっこりとしてしまいます。

 

そのため、骨盤を矯正して体の軸を正すことがとても大切なのですが、どんな方法で骨盤矯正をしたらいいのか気になりますよね。一番簡単な方法としえては、骨盤矯正のが出来るレギンスを着用することです。

 

たとえば、ラルフィンガードルという着圧レギンスがありますが、これを着用していると自然と骨盤矯正をしてくれますし、お腹周りをしっかりと締め付けますので下っ腹のぽっこりお腹も引き締めることが出来るのです。

下っ腹がぽっこりしている原因についてのまとめ

下っ腹がぽっこりしている原因については、ビールっ腹が原因か姿勢が悪いことが原因として挙げられました。では、それぞれの改善点としては、ビールっ腹の時にはおつまみをカロリーの低めのものに変えておくようにしましょう。また、姿勢には骨盤矯正から始めることをおすすめします。