脇腹 脂肪 ランニング

MENU

脇腹の脂肪をランニングで落とすやり方とは?

脇腹の脂肪を落とす方法って色々ありますが、その中でもランニングは結構効果があることでも有名です。でも、いくら脇腹の脂肪を落とす効果があると言っても、ランニングって結構疲れますよね・・・。自分でランニングの時間や距離の目標を立てていても、結構最後の方はバテてしまうことってよくあります。

 

では脇腹の脂肪を落とすランニング方法のコツってないのでしょうか??ここでは、脇腹の脂肪をランニングで落とす時に疲れないコツや効果的な方法をご紹介いたします。

 

脇腹の脂肪をランニングで落とすコツ

出来るだけ効果が高く、効率的に疲れないランニングの行い方をご紹介いたします。

空腹の時にランニングする!

お腹が空いているのにランニングなんか出来ない!と思う人もいるかもしれませんが、ランニングで脇腹の脂肪を除去するには空腹時が効果的なのです。

 

これは一体どういうことかというと、そもそも私達の体は糖質が先にエネルギーになり、次に脂質がエネルギーとなります。つまり、何かを食べて体内に糖質を入れてしまっては、脂質を減らしたいのに先に糖質が使われるためになかなか脂肪を落とすことが出来ないのです。そのため、脇腹の脂肪を落とすならランニングは空腹時に行うことが大切なのです。

前傾姿勢でランニングする!

少し体を前に倒せば、嫌でも足が前に出てきますよね。この原理を利用して、ランニングをする時には少し前傾姿勢で行いましょう。この時に意識する所は、腹直筋です。ここを意識しながら走るようにしましょう。

 

脇腹の脂肪を落とすランニング時間

では、このランニングはどのくらい最低でも継続しなくてはいけないのでしょうか?あまり体力がない人だと、10分前後で疲れてきますよね。脇腹の脂肪を落とす方法でランニングをする時には、最低でも20分は継続して走り続けることが大切です。

 

これは何故かというと、20分以内に終わってしまうと体の中の脂肪が燃焼されないからです。

ランニングが難しい時は

20分がどうしても走れないという人も中にはいるかもしれませんよね。そのような人の場合は、何か着圧効果のあるアイテムを身につけることが効果ありますよ。たとえば、ラルフィンガーという着圧レギンスはしっかりと脇腹を引き締めますし、骨盤矯正効果もありますのでおすすめです。

脇腹の脂肪をランニングで落とす方法のまとめ

脇腹の脂肪はランニングでも落とすことが出来るということが分かりました。では、効果的にランニングで落とすにはどうしたらいいのかというと、空腹時にランニングをして前傾姿勢で行うことがコツでした。

 

また、このランニングは最低でも20分以上走り続けることが大切です。20分以内に終わってしまっては、脂肪が燃焼されませんので脇腹のダイエット効果もありませんので、ランニングをする時には最低でも20分は継続して行うようにしましょう。

 

もしもランニングが無理だという人は、着圧効果のあるアイテムを着用することをおすすめします。