賃貸物件運営の際の資金計画と一括借り上げを採用した成功体験例

「鉄骨建て」

メリットもデメリット「鉄骨建て」「建築費用」

中でも「鉄筋」の建物のメリットは、耐震・耐久性等が丈夫な上に、税制上減価償却期間も長く、減価償却費が約半世紀にわたって賃貸収入から差し引けること。
ですが、デメリットは、建築費がおおむね高額なこと、10年、20年後のエレベーターや、壁内排水管の設備更新や交換に大きな費用が掛かること、最終的に解体費用はこの3つの様態の中で桁違いの費用が掛かるという点です。
「木造」の建物のメリットは、おおむね建築費用や、中期的な設備更新費用が安いこと、デメリットは、耐火性・耐震性に弱いなど強度に不安がある点、耐用年数も短いため減価償却も鉄筋と比べれば半減するという点です。
但し、解体費用も安価で済むということも判り、「鉄筋」と「木造」のメリット・デメリットは真逆の関係にあるという判断をしました。
「鉄骨」については、建築費用、保守管理費用、耐震・耐久性、税制上の耐用年数及び減価償却期間などの点について、「ほぼ中間的な位置にある」ということも合わせてわかりました。
よって私家族の選択は「鉄骨建て」ということで決まりました。